果物の保存方法


世界の台所「築地市場」からこだわり生鮮品をお届けします!

 

果物にはそれぞれ適切な保存方法があり、正しい方法で保存すればおいしく長持ちさせることができます。

そんな保存方法を主な果物別にご紹介します。

 

りんご

新聞紙やキッチンペーパーで1個ずつ包み、段ボールなどに入れて風通しの良い場所で常温保存します。
 
冷蔵庫で保存する場合は、りんごから発生するエチレンガスが冷蔵庫内に充満しないようにポリ袋などにヘタを上にして入れて保存します。
 

バナナ

バナナの適温は15℃ほどなので、基本的には常温保存が理想です。
購入時に青い部分が多い場合は、袋のまま常温保存することでバナナ自身から発生するエチレンガスによって熟度が促進します。
バナナスタンドがある場合は、スタンドに掛けて常温保存すると長持ちします。
バナナの熟度は好みが分かれますが、一般的にはシュガースポット(黒い斑点)が発生し始めたら食べごろです。
 
冷蔵庫で保存する場合は、皮をむいた後ラップにくるんで保存します。
 

みかん

常温保存する場合は、ヘタを下にして風通しの良い場所に保存します。
箱買いなど大量に購入した場合は、あまり重ならない様に時々箱内のみかんの上下を入れ替えたり下にあるみかんから食べるなどで全体的に長持ちします。(下にあるものほど熟するのが早いです)
箱の下のみかんが傷んでしまった場合はすみやかに取り除いて他のみかんを守りましょう。
 
冷蔵庫で保存する場合は、1個ずつ新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで保存します。
冷凍みかんを作る場合は、全体を水で濡らした状態で金属トレイなどに乗せて冷凍庫に入れます。
 

ポリ袋などにヘタを下にして入れて常温保存します。
柿はヘタが乾くほど実の柔らかさが進行する性質があるので、適度な柔らかさになったら早めに食べる様にしてください。(逆にヘタを濡らして保存すると長持ちします)
 
冷蔵庫で保存する場合は、ヘタの部分に濡れたキッチンペーパーを当ててポリ袋に入れて保存します。
 

キウイフルーツ

未熟な状態であればポリ袋などに入れて、常温保存します。
早く食べ頃にしたい場合は、りんごやバナナと一緒に保存すると熟するのが早まります。
熟した状態であれば、チルド室での保存が良いです。
(キウイフルーツは低温に弱い果物ですので冷蔵庫だと味が悪くなりやすいです)
 

いちご

いちごは、常温保存はあまり向いていない果物のため、冷蔵庫での保存が基本です。
いちごの表面の水は痛みの原因にもなりやすいので冷蔵庫で保存する前に水気を良く落としてから保存すると良いです。
また、もともとあまり日持ちが良くない果物なのでなるべく早く食べる事をお勧めします。
 

ぶどう

ふどうは、常温保存にあまり向ていない果物のため、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存します。
もともと日持ちがあまり良くない果物なので、なるべく早く食べるようにしてください。
少しでも長く保存したい場合は、ぶどうの実を房から取り、一粒ずつポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存するとよいです。
 

メロン

未熟な状態では常温保存で、熟したら冷蔵庫に保存してください。
但し、あまり冷やしすぎると甘さが減少するので、冷蔵庫で冷やすのはあくまでも食べる2~3時間前を目安に留めておくと美味しく食べられます。
 

もも

ももは、低温保存にあまり向ていない果物のため、風通しの良い場所で常温保存します。
あまり冷やしすぎると甘さが減少するので、冷蔵庫で冷やすのはあくまでも食べる2~3時間前を目安に留めておくと美味しく食べられます。
 

ナシ

ポリ袋などにいれて、冷蔵庫で保存します。
比較的日持ちする果物で、沢山購入しても美味しく食べきれます。
 

マンゴー

未熟な状態であれば新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで、常温保存します。
熟した状態であれば、ポリ袋などにいれて冷蔵庫での保存が良いです。
 

りんご  /  バナナ みかん  /    /  キウイフルーツ  /  いちご  /  ぶどう  /  メロン  /    /    /  マンゴー

 

プロフィール

サイト管理人のアイラです。レストランでシェフをしながら独立を目指すスイーツ女子です。果物に詳しくなるため日々勉強中!

 

 


ページトップへ